ご挨拶
【中目黒の本格江戸前鮨】すし処みや古織店

message

  1. TOP
  2. ご挨拶

最高のおもてなし

平素より当店「すし処みや古織店」に格別なご贔屓いただき誠にありがとうございます。 東京都北区赤羽にかまえる「すし処みや古分店」の歴史は、戦後闇市の時代私の祖母が赤羽の地で板前を雇い江戸前鮨のお店を開業したことに遡ります。 物資が十分にはなかった終戦直後においても、多くの作家や大学教授など、戦後の日本の文化を築き上げていった方々にご愛顧いただいてきました。

祖母の代を経て、私の父が初代大将としてみや古鮨を引き継ぎました。初代の父の時代には落語家や作家の先生をはじめ、 ますます多くの文化人がゆっくりと本物の割烹と江戸前鮨を味わえるお店として足繁くお店に足を運んでくださいました。 父の時代から受け継ぎ現代私が2代目として、みや古鮨にて大将をさせていただいております。祖母の時代から数えれば60年以上の月日が経ちますが、 多くの方に長い間ご贔屓頂いているのは、みや古鮨が培ってきた伝統とこだわりゆえだと考えております。

今後もどれだけ時が経っても、一人一人のお客様と対話をしながら本物の割烹・お寿司を召し上がっていただくというお店の伝統は決して揺るぐことはありません。

私は戦後を代表する歴史家、時代小説家であり大変なグルメとしても知られていた池波正太郎様の料理番を務めた今村英雄様を師匠としているため、 私の味の多くは今村英雄様の味を引き継いでおります。その味は、お客様の多くが様々な場所で色々な料理を召し上がっている方々だからこそ、 最後に帰って来たくなるやさしい味であると申し上げられます。

お客様の台所としていつまでも優しく落ち着くお料理を提供していくことが私どもの1つの役割だと考えております。 また若い方々におきましても、本物の味を割烹・江戸前鮨をぜひ味わいに来ていただきたいと考えております。 日本の食文化はますます伝統ある本物のお料理をいただくような経験から離れつつあります。 そのような時代だからこそ日本の食文化の伝統に触れ、特別な1日にぜひ本物のお料理をお召し上がりください。 お値段やプランなどお客様のご希望をお気軽にご連絡くださいませ。 一人一人のお客様に合わせたおもてなしをさせていただきます。

本物のお料理と一人一人のお客様に対する最高のおもてなしに努めて参りますので今後とも末永く皆様のご愛顧をよろしくお願いいたします。